119番通報について

119番通報の流れ

火災・救急事案発生

火災、救急等で消防車、救急車が必要なときは、119番通報してください。

通報受付

指令室員が119番通報を受け付けます。

種別・災害地点確定
出場隊編成

通報内容により、火災、救急、救助等の災害種別、規模、場所を確定し、最適な出場部隊の編成を行います。

出場

災害種別に応じた指令音と自動音声により、指令が出され、現場出場します。

119番通報要領

  1. 119番通報は、落ち着いて正しく情報を伝えることが大切です。
  2. 指令室員の問いかけに、落ち着いて受け答えしてください。
  3. 興奮し、一方的な通報になってしまうと、かえって確認に時間がかかります。
  4. 大字や通称名での通報では、乙訓地域に同じ地名が存在し、災害現場の特定に時間がかかることがあります。市町名からの通報をお願いします。

通報の例

消防受付員 通報者
そちらの住所は?お名前は? ○○市○○町○丁目○番地 ○○さんの家です。
近くに何か目標となるモノは、ありますか? 国道171号線 ○○交差点の南側です
どのような状況ですか? 向かいの○○さんの家から煙が出ていて燃えています。
今おかけの電話番号とあなたのお名前は? ○○○-○○○○ 乙訓太郎です。

携帯電話・PHSからの119番通報は通報場所を管轄とする消防本部に直接接続されますが、電波の状態によっては、管轄地の消防本部につながらない場合があります。
そこで、

  1. 場所は、市町村名からお伝えください。
  2. 場所がわからない場合、近くの公衆電話又は、付近の電話から通報していただくと、いち早く災害場所を管轄する消防本部につながります。
  3. 通報場所により、管轄地の消防本部へ転送する必要があります。電話を切らずにそのままお待ちください。
  4. 自動車等運転中の通報は、非常に危険ですので安全な場所に停車してから通報してください。

 

119番通報時の多言語同時通訳

乙訓消防組合では、乙訓管内に居住、就労及び観光などで訪れる、日本語を介してのコミュニケーションが困難な外国人からの119番通報や災害、救急現場等において、円滑に対応するために、電話通訳センターを介した多言語による三者間同時通訳を導入しています。

対応言語:                                            英語、中国語、韓国(朝鮮)語、ポルトガル語、スペイン語の5言語は、24時間365日対応                                                               タイ語、フィリピン語(タガログ語)、ベトナム語、フランス語、ロシア語、ネパール語の6言語は、朝10時から夕方6時まで365日対応

 

119番通報は落ち着いて正確に

火事を見つけたら 火事のお・し・て119

救急車利用マニュアル

管内消防署

向日市

長岡京市

大山崎町