救命士の病院実習ご協力のお願い

救急救命士は気管挿管のための病院実習を実施しています

救急救命士が行う病院実習に、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

  • 平成16年7月から救急救命士による気管挿管が始まりました。
  • 救命上必要な場合、救急救命士は救急現場や救急車内において、意識がなく心肺が停止している傷病者に対し、医師の指示に基づきながら「気管挿管」を実施します。
  • 「気管挿管」は、口から気管に気管内チューブを挿入して、肺に直接酸素を送り込む処置のことです。
  • 「気管挿管」を実施できるのは、厚生労働省が示す一定の実施基準に沿った講習や医療機関での実習を修了した救急救命士に限られています。このため、救急救命士は済生会京都府病院や京都市内の病院で、麻酔科指導医師の指導のもとに気管挿管実習のための病院実習を実施しています。
  • 実習は指導医師の指示に基づき、安全を確保しながら「気管挿管」を行うものです。
  • ご協力をお願いする患者の方には、事前説明をさせていただき同意を得てから実施します。同意されない場合も不利益を被ることはありません。
お問合せ先

乙訓消防組合 消防本部 救急課  電話:953-6039

119番通報は落ち着いて正確に

火事を見つけたら 火事のお・し・て119

救急車利用マニュアル

管内消防署

向日市

長岡京市

大山崎町