新着情報

携行缶でガソリン購入される住民のみなさまへ

ガソリンは自動車の燃料などに使われ、私たちの暮らしに不可欠な物です。しかし、取扱いを誤ると大変な事故に繋がることから、消防法令では、ガソリンを「危険物」として、その運搬方法や一定数量以上の貯蔵、取扱いなどを規制しています。

ガソリンは少量でも火が点くと威力が大きく大変危険なものです。

ガソリンの威力を過少評価せず、今一度ガソリンの危険性を知り、安全に取り扱うようお願いいたします。

 

ガソリンの危険性

・常温ではガソリンから、常に気化したガソリン(可燃性ガス)が発生している状態です。

・少量でも小さな火(ライター、静電気、衝撃、電気スイッチの火花等)で引火します。

・気化したガソリンは、空気より重く下に溜まり、ガソリンを取り扱っている場所から離れたところからでも、引火する可能性があります。

・一度火災が発生すると、ガソリンが熱せられ、さらに大量の可燃性ガスが発生し、爆発的に燃え上がり、大惨事になります。

 

 

ガソリンの取扱い注意点

・携行缶のふたを確実に閉めてください。

(気化した可燃性のガスが漏れ出すおそれがあります。)

・ガソリンが入った携行缶は、直射日光などの高温下に放置しないでください。

(携行缶の温度が上がり、気化したガソリンが膨張し、高い圧力がかかり蓋を開けるとガソリンが噴出して大変危険です。)

・ガソリンを入れる容器はガソリン用携行缶が必要です。灯油用ポリ容器にガソリンを入れることは静電気により着火する危険があるため、絶対にやめてください。

・使用目的、保管量が適切か、今一度、ご確認ください。

 

ガソリン購入時に使用目的、身分証明書の提示を!

購入時に必要なこと

・身分証明証(顔写真のある運転免許証等)を提示してください。

・住所、氏名、使用目的を販売員に伝えてください。

 

 

 

関連記事

119番通報は落ち着いて正確に

火事を見つけたら 火事のお・し・て119

救急車利用マニュアル

管内消防署

向日市

長岡京市

大山崎町